口から食べる幸せを守る家族会

病院にお任せでは大事な家族は救えない。知識や情報を集め、行動していくことが大事。

食べられないと言われた父が2週間でカレーライスを食べられました。胃ろうにしても適切な治療とリハビリと食事介助で食べられるようになる可能性があります。

スイッチが入れば食べられる

最終時期にあると言われた高齢の母。口から食べることあきらめないで、口から食べる幸せを守る会の実技講習に参加。現在、在宅で胃ろうと併用し口から食べています。

母の口から食べる幸せを守り続ける

KTSM家族会の成功例や知人の胃ろうから口からの食事に成功した例などの話を聞き、経鼻経管を今にでも中止し何としても口から食べさせることが母にとって最良の決断だとの考えを強く持ちました。

なんとかもう一度食べさせてあげたい

主人は誤嚥性肺炎で入院し、胃ろう、経口栄養のみに。家族会メーリングリストの相談によって再び食べられるようになった経緯。

生きること、食べること、話すことを共に味わって行くのは、やはり家庭から

妹と出した結論は「どうせなら家で看取りたい。」小山先生のテキストを拝見しながら四苦八苦、口にする食べ物の内容や体勢を変化させていきました。

最新の記事

ログイン

フォローする